治具プレスツール

3Dプリンターで製造された最終部品 | Ultimaker

少量のカスタム部品をいつでもどこでも製造

カスタマイズされた3Dプリンティングは、ビジネスに比類のない製造の柔軟性と多用途性をもたらします。カスタムのワンオフ、交換部品、あるいは少量バッチ生産の造形に有用です。分散型のオンサイトプリンティングによって、工具を揃えるコスト、リードタイム、購入プロセスを削減します。

比類のない柔軟性と汎用性

エンジニアが3Dプリントされたコンポーネントでどのようにコストを削減しているか

    スノービジネス Paul Denney

    「Ultimakerを使用すると、7時間でノズルをプリントしてテストできます。社内の3D印刷だと数ユーロですみますが、アウトソーシングでは設計変更ごとに140ユーロかかっていました。」

    Paul Denney、研究部門長、Snow Business International

    3Dプリンティングを使用したカスタマイズされた製造の合理化

      Ultimaker S5の前面

      Ultimaker S5 –カスタマイズを量産するための鍵

      製造でのカスタマイズされた3Dプリントは、3Dプリンターの選択において、大きな要求を課します。強力で信頼性が高くなければならず、汎用性も必要です。また、高精度の工業用部品をプリントできなければなりません。しかもそれを繰り返し行う必要があります。Ultimaker S5がそれらの要求に対応します。

      Ultimaker社製のマテリアル

      プリントの成功への近道

        コミュニティ

        専門家のコミュニティから学ぶ

        大量にカスタマイズされた3Dの造形物を活用しながら、志を持つ熱心なエンジニアリングプロフェッショナルで構成されるコミュニティがあります。急速に拡大しているこのコミュニティの一員になりましょう。仲間や専門家とネットワークを築き、交流し、助け合い、彼らから学び、3Dプリンティングが業界にどのような影響を与えているかをともに体感しましょう。