Ultimaker webinar How to 3D print useful metal parts with FFF

FFFで有用な金属部品を3Dプリントする方法

無料ウェビナー | 視聴時間:28分

最も手頃な金属3Dプリント手法をお探しの場合は、ここで最適な情報が得られます。

BASF 3D Printing Solutions GmbH社の画期的な新しいワークフローにより、価値の高い金属部品を、わずかなコストで3Dプリントできるようになりました。

Matt Griffin氏が、材料科学者兼Ultimakerビジネス開発マネージャーのAndrea Gasperini氏、およびBASF社金属エコシステム部門ビジネス開発マネージャーである、特別ゲストのTobias Rödlmeier氏とともに、金属FFFについて詳しく紹介します。

内容

重要なポイント:

  • 高品質の金属プリントを実現するための設計とスライスに関する11個のヒント

  • この金属FFFワークフローから最大限の恩恵を受ける業界

  • UltimakerでUltrafuse 316Lを3Dプリントするために必要な(意外に少ない)すべてのもの

  • このプロセスに最適な用途の例

  • 導入するうえで必要になる便利なガイドやリソースへの即時アクセス

ご希望の場合は、

今すぐこちらをクリックして視聴を開始してください:

Watch the webinar
Matt Griffin-Tobias Rödlmeier-Andrea Gasperini
ウェビナー司会者兼Ultimakerコミュニティ開発ディレクターのMatt Griffin氏(左)、BASF 3D Printing Solutions GmbH社金属エコシステム部門ビジネス開発マネージャーのTobias Rödlmeier氏、Ultimakerビジネス開発マネージャーのAndrea Gasperini氏

その他のウェビナーを見る