Reducing costs and improving efficiency 1

Ultimaker S5によるコストの削減と効率の向上

モーションコントロール技術と流体制御技術で世界をリードするIMI Precision Engineering社は、顧客の機械のスピードと精度を高めるソリューションの創造に特化している企業です。社内での積層造形にUltimaker S5を使用することで、同社のチームは少量生産にかかる時間とコストを削減するとともに、エネルギー消費量の削減と生産ラインのパフォーマンス向上を実現しました。

年間17,500ドル以上のコストを削減し、製造効率を向上

Ultimaker S5は、あらゆる部品をプリントするのに必要なサイズと材料が取りそろえられており、最高の価値を提供してくれました。昨年購入した別のプリンターに新しい機能が追加されたため、少量部品のコストが削減され、製造効率が向上しました。

- Kathryn Jones氏、IMI社の工学部出身エンジニア

課題と解決策

課題

IMI Precision Engineering社は、コストが高く、設計の自由度が低い手動の機械加工プロセスに依存していました。毎年、何千ドルもかけて部品を加工している一方で、重要な機能を備えていない別の3Dプリンターで貴重な生産時間を浪費していました。また、製品の重量を管理して効率をさらに高める優れた方法を求めていました。

ソリューション

工学部出身でIMI社のエンジニアであるKathryn Jones氏は、130点以上の機械加工部品を調査し、そのうち18点を3Dプリンティングの試験用に選んだ後、デスクトップ3Dプリンターの候補をUltimakerとFormlabsに絞り込みました。Ultimaker S5を採用することで、別のブランドの3Dプリンターよりも高い価値と時間の削減効果を得ることができたため、製造コストを数千ドル削減し、4か月で投資効果を獲得できました。

コスト比較

IMI Precision Engineering社のチームは、Ultimaker S5を使用して迅速にROIを獲得するとともに、コストと時間の削減を実現しました。

IMI Graduate Engineer社のKathryn Jones氏は、次のように説明しています。「選択した部品のプリントにかかった総コストは3,653ドルで、年間で17,747ドルを削減できました。このようなコスト削減により、わずか4か月でUltimaker S5の投資効果を得ることができました」

結果

  • コストの削減:IMI Precision Engineering社のチームは、少量生産の部品のコストを数千ドル削減し、Ultimaker S5のコストを短期間で回収しました。

  • 設計の自由度:Ultimaker S5を社内で利用できるようになったことで、設計および再設計の自由度が高まり、より迅速な部品の生産が可能になりました。

  • 効率の向上:Ultimaker S5で18個の少量生産部品を設計して3Dプリントすることで、効率を高め、生産時間を約2,000時間短縮しました。

  • 軽量化:Ultimaker S5で部品を3Dプリントすることで、部品のインフィル密度や肉厚をより細かく制御できるようになり、全体的な軽量化が実現しました。

Download the PDF

お客様の成功事例を読む