How to 3D print useful metal parts with FFF

FFFで有用な金属部品を3Dプリントする方法

最も費用対効果の高い金属3Dプリント手法を学ぶ準備はできていますか?

この革新的なウェビナーでは、Matt Griffin氏がBASF Ultrafuse 316Lを使用した金属FFFについて詳しく紹介します。

同氏の他に、材料科学者兼Ultimakerビジネス開発マネージャーのAndrea Gasperini氏、およびBASF 3D Printing Solutions GmbH社金属エコシステム部門ビジネス開発マネージャーである、特別ゲストのTobias Rödlmeier氏というテクノロジー分野の2人のエキスパートも参加しています。

How to 3D print useful metal parts with FFF webinar thumbnail
今すぐ視聴する

次の段階に進みたいですか?

このウェビナーを視聴済みで、金属FFFがもたらす新たな機会に期待感をお持ちの場合は、ぜひUltimaker独自の金属3Dプリンティングワークショップにご参加ください

この90分間のセッションでは、低コストの金属用途で価値を最大限に生み出す方法を紹介します。

参加をご希望の場合は、こちらをクリックしてください:

興味がある場合は登録

役に立つリンクとリソース:

  • 金属部品の3Dプリンティングに関するBASFユーザーガイドラインをダウンロードする

  • Ultimaker.comのBASF Ultrafuse 316Lページにアクセスする

  • UltimakerマーケットプレイスからUltrafuse 316Lプリントプロファイルをダウンロードする

  • Ultrafuse 316L技術データシートをダウンロードする

  • Talking Additiveポッドキャストエピソード「金属FFFと高性能ポリマー」を聴く

  • 金属3Dプリンティングの各テクノロジーを比較したUltimakerのホワイトペーパーをダウンロードする