3Dプリントされたタブレットスタンド

製品開発における3Dプリンターを使用した試作 | Ultimaker

新しい反復造形を時間をかけず追加のコストなしで作成

3Dプリンティングのパワーをプロトタイピングに活用し、新製品の市場への投入をより早く行うことができます。設計を評価し、形状や外観を確認し、プロトタイプをテストし、ユーザーの反応を確かめます。これを、必要なだけ何回でも、すばやく行うことができます。

製品開発を適切に、より速く

デザイナーとエンジニアがプロトタイピングをより素早く行う方法

    お客様事例:Sylatech

    「3Dプリンティング採用は、ビジネスを明らかに変えました。そして当社は、3DプリンティングとUltimakerを引き続き使用して、お客様にサービスを提供していきます。」

    Gordon Gunn、 Sylatech

    3Dプリンティングの力を活用

    より良く、より速く、より低いコスト–どのように実現したかのビジネス実例

      Ultimaker S5の前面

      Ultimaker S5 –ラピッドプロトタイピングへの鍵

      製品開発用に選択する3Dプリンターには、信頼性と汎用性の両方が必要です。世界中の数十万人のデザイナーとエンジニアが、市場をリードする当社のデュアルノズル押出造形を信頼しているのはそのためです。より高速、またはより詳細なプリントのためのクイックスワッププリントコアはいうまでもありません。



      Ultimaker社製のマテリアル

      プリントの成功への近道

        コミュニティディスカッション

        専門家のコミュニティから学ぶ

        プロトタイピングに3Dプリンティングを使用し、志を同じくする熱心なデザイナーとエンジニアで構成される、成長を続けるコミュニティの一員になりましょう。ラピッドプロトタイププリンティングの初心者であれベテランであれ、同業者や他の専門家から学んだり、特定の製品開発の課題について助けあうことができます。