How Ultimaker 3D printing can benefit your business supply chain

サプライチェーンにおける3Dプリンティングの見逃しがちな6つのメリット

トレンド

すべての製品が3Dプリントできるわけではありません。また、そうするべきでもありません。なぜでしょうか。3Dプリンティングは、大量生産商品のスケールメリットに到底かなわないからです。

そうは言うものの、年々、3Dプリンティングの機能は向上しています。より多くの用途をより確実に、というニーズを満たすことができます。いまや、最終用途部品やスペア部品を社内で3Dプリントして製作し、サプライチェーンをシンプル化するという機会が生まれています。

このことによるメリットは非常に大きく、この2018年のGartner社の調査によると、サプライチェーンマネージャの38%が3Dプリンティングをすでに利用しており、47%が今後2年間で使用する予定です。

10社のうち8社を超えるサプライチェーン業者が自社の流通ネットワークに3Dプリンティングを直ちに導入することになれば、御社のビジネスにもおそらく導入しなければならなくなるでしょう。特に、パンデミック後の今日の市場や供給ネットワークにおける変化のスピードを考慮するなら、なおさらです。

1. 3Dプリントで外注の弊害を回避

何十年もの間、企業は従来の製造方法を使用する会社に外注をしてきました。そうすることに経済的な意味がありました。しかし、国際貨物コストが増加し、貿易関税について頻繁に報道されるようになり、グローバルな物流はよりリスクが高く、費用がかかるものになりつつあります。

それに加えて、複数のサプライヤーや独立した請負業者との交渉に必要な時間、異なるタイムゾーンで異なる言語によるコミュニケーションの課題があります。外注が行われ、大幅に断片化したサプライチェーンは、魅力を失い始めています。

対照的に、3Dプリンティングの最大のメリットは、製造作業として切り離されたものではない点です。本格的な生産方法として機能するエンドツーエンドのプロセスを提供します。

何よりも、計画、調達、生産、納入、返品という従来のSCORサプライチェーンの方法には従っていません。つまり、需要を予測するリスクを回避できます。結局のところ、「何個の製品が売れるのか」に対して間違った答えを推測してしまうと、収益性の低下につながります。

その代わりとして3Dプリンティングは、需要が低く低回転率の製品の分野でまさに効果を発揮しています。このDHLレポートによると、スペア部品の在庫は、平均的な会社における未使用在庫または超過在庫の20%超を占めている可能性があります。それもそのはずです。たとえば、自動車メーカーは、製造するすべての車両について7~10年間、スペア部品を在庫する必要があります。

2. シンプル化されたサプライチェーンでの大幅な節約

3DプリンティングのROIを外注と比較して言及することはよくあります。サプライチェーンのシンプル化によって得られる隠れた節約について語られることは、それほどありません。3Dプリンティングが投資収益をさらに高めることを示す5つの例を以下に示します。

輸送コスト

御社が海外でスペア部品や回転率の低い部品を生産して出荷するという物流の難所をまだ切り抜けていない場合は、簡単に節約を実現できる部分があります。この調査では、オンデマンド部品製造用に倉庫に3Dプリンターを設置することで、出荷コストを最大85%節約できることが示唆されています。

保管と倉庫

同調査では、回転率の低い在庫と余剰在庫を統合して倉庫スペースを解放することで、保管コストを最大17%節約できると示唆しています。サイクル在庫と安全在庫を確認して合理化する必要がないので、余計な時間が節約されるのは言うまでもありません。さらに、部品は需要に合わせてプリントされるため、在庫切れコストを回避できます。

3D-printing-spare-or-slow-moving-parts-saves-on-warehousing
スペア部品をオンデマンドで3Dプリントすることで、輸送コストを最大85%、保管コストを最大17%削減

低コストの生産

3Dプリント部品は、それぞれ数ドルで、射出成形による部品にほぼ等しい物理的品質でオンデマンドで製作できます。これは特にUltimaker S5に当てはまります。強化されたフィーダー機構とprint core CC Red 0.6を備えたこの大型造形サイズ対応プリンターは、世界有数の材料プロバイダーの高度な研磨複合材およびプラスチックを押し出すことができます。Ultimakerは、プロフェッショナルな3Dプリンティングを使いやすくする市場リーダーでもあります。プリンターの操作に専門家向けのトレーニングは必要ありません。新規ユーザーのオンボーディングは、通常3時間未満です。また、成果物に必要な後処理は最小限です。

無駄な材料が少ない

3Dプリンティングでは、レイヤーごとに部品を製作します。CNC加工のような除去製造法とは対照的に、付加製造法はフィラメントを必要な場所にのみ配置します。無駄な材料が少ないということは、輸送コストと廃棄処理コストを削減しながら、環境にもより配慮することになります。

労力の削減

以前は人件費が低かったため、海外工場に外注することに効果がありました。3Dプリンティングなら、このような変動要素への依存を減らすことができます。実際、1人で倉庫内の小型のスペア部品生産設備を運用することができます。Ultimaker Digital Factoryのような直感的なプリンター管理ソフトウェアを介してネットワーク対応プリンターを制御することで、プリンターの稼働時間と信頼性を向上した結果です。

3. バリューチェーン全体の俊敏性を高める

従来のサプライチェーンは、その応答性は評価されていません。製造期間を短縮し、海外輸送を削減することによって、3Dプリンティングはリードタイムをほぼなくします。その複雑さにもよりますが、ほとんどのプリント部品は数週間ではなく数時間で製作されます。また、生産出力を複数のプリンターで簡単に拡大して、要求に応えることができます。

この無限に柔軟で応答性の高い注文フルフィルメントを活用することで、御社は競争力を獲得できます。また、サプライチェーンをこの最新のパイプラインに変革するにつれ、製品サイクルの短縮など、他の効率化も得られるようになります。

4. 3Dプリンティングのユニークな製品性能

3Dプリンティングは、形状の自由度という大きな利点を持ち、少量製造を可能にします。射出成形などの従来の製造方法を使用して製造された最終用途部品およびスペア部品は、生産性設計の制限規則に従わなければなりません。これらの規則は3Dプリンティングによって大幅に変化し、より魅惑的で効率的な形状が可能になり、ジェネレーティブデザインも活用できます。この手法では、AIを使用して構造性能を向上させ、材料の使用を節約し、設計から製造までのサイクルをさらに短縮することができます。

複数の部品を1つのより丈夫な部品に統合することもできます。たとえば、Snow Business社はUltimaker 3Dプリンターを使用して、降雪機用ノズルに必要な複雑な形状をプリントしています。

3D-printing-unique-product-performance-snow-business-1
3D-printing-unique-product-performance-snow-business-2

5. オンデマンドによる競争力のある差別化

Uberがタクシー業界に大変革をもたらし、Airbnbがホスピタリティ業界を大きく転換したのと同じように、サプライチェーンでは消費者によるコントロールが強まっています。デジタル化により「需要経済」が促進され、3Dプリンティングにはコネクテッドマニュファクチャリングとのこれ以上ない相乗効果が発生しています。

このオンデマンドの部品生産により、完成品またはほぼ完成品のカスタマイズレベルを向上させる機会が生まれます。たとえば、部分的にパーソナライズされたプリントを施した服、カスタム設計のスマートフォンケースなどです。人間工学に基づく作業者固有の製造支援など、部品を個別化することもできます。

特に、回転率の低い部品に関しては、3Dプリンティングは、オンデマンド製造により製品の可用性を保証します。基本的に、3Dプリンターによって「ジャストインタイム」在庫を置き換えることができます。すでに現実として、仮想倉庫では、3Dモデルファイルを最も近くにある3Dプリンターにデジタル送信できます。また、DHLやUPSなどの物流企業は、特定の部品が可能な限り最短時間で必要とされている場合に、3Dプリンティングを使用して「エンドオブランウェイ」サービスを補完しています。

3D-printing-bridge-manufacturing-supply-chain-benefits
Ultimaker 3スプールホルダーに追加の設計改良を行ったあと、社内で部品を3Dプリントして、発売延期を回避

6. 顧客満足度の向上

サプライチェーンに3Dプリンティングを組み込むことで、顧客満足度とロイヤルティがさらに向上します。この状況は、企業がサービスレベルを100%に維持できる場合に特に当てはまります。

目に見えてわかりやすい技術として、3Dプリンティングは消費者フレンドリーです。仕事を生み出すだけでなく、本来の仕事を実態の見えない工場から取り戻すこともできます。

結論

開発途上国で、固定電話の前に携帯電話が普及したことはすでに目にしてきました。柔軟性が高く、必要なインフラストラクチャが少ないテクノロジーが常に好まれます。したがって、これら同国では今日私たちが依存している複雑なサプライチェーンを経ることなく、すぐにインダストリー4.0を取り込む方法に移ることを推測するのは飛躍ではありません。

すべてを3Dプリントするべきではありません。しかし、3Dプリンティングテクノロジーには、「もしもの場合に備えた」在庫保有という長年の課題の解決など、複数のメリットがあり、見逃してはならないサプライチェーンの機会があります。

ビジネスに3Dプリンティングを導入することをお考えなら、まずこちらをお読みください。

Ultimaker buyers guide how to choose the right 3D printer white paper

最適な3Dプリンターを選ぶ

無料の詳細なガイド

次のようなビジネスニーズに基づいて、3Dプリンティングのハードウェア、材料、ソフトウェアを検討する方法をご覧ください。

• 部品が3Dプリント可能かどうかを分析する方法

• 適切な材料選択に関するアドバイス

• 作業スペースに最適な3Dプリンティングソリューションの選定

• 上記に加えて、「サプライヤー情報依頼」テンプレートをご提供

その他のブログを読む