Essential tools for every 3D printing professional

すべての3Dプリンティングプロフェッショナルに必須の道具

ニュース

3Dプリンターを最大限に活用するには、作業に適した道具を揃える必要があります。ここでは、サポート材料の取り外しからビルドプレートの接着性の改善まで、あらゆる作業を容易にする必携の道具を紹介します。

3Dプリンター所有者に必須の道具一式

3Dプリンターユーザーの大半が所有している道具がいくつかあります。そのような必須装備を用意しておくことで、プリントがスムーズに行えるようになり、必ず最高の結果が得られます。一度に揃える必要はありませんが、時間が経つにつれて道具は増えていき、結局はすべて集めることになるでしょう。

接着剤スティック

ビルドプレートの接着性は、優れた成果物を作るうえで欠かせない重要な要素です。成果物の接着性を高めようとしている場合は、スティック糊が特に便利です。ビルドプレートを水溶性接着剤で覆うだけで、すぐに接着性が向上します。ヘアスプレーを好む人もいますが、個人的には糊をお勧めします。より正確に塗布できるだけでなく、誤ってガントリーや可動部品に吹き付けてしまうリスクが減ります。材料別の接着性ガイドラインについては、こちらのサポート記事をご確認ください。

へらまたはパレットナイフ

ビルドプレートへの成果物の接着力が少し強すぎて、剥がれないことがあるかもしれません。そのような場合は、へらやパレットナイフで解決します。それらを少しずつ成果物の下に入れて、慎重に持ち上げるだけで剥がせます。

今後さまざまな種類のパレットナイフを、徐々に集めていくことになるでしょう。まずは、硬いパレットナイフと柔軟なパレットナイフの購入をお勧めします。Titanのステンレス鋼スクレーパーには先が細くなっているものがあり、特に便利です。

バリ取り工具 / ナイフとカッティングマット

バリ取り工具は、形成された穴をクリーニングしたり、プリントした部品(特にブリム)からプラスチックの小片を取り除いたりするのに便利です。また、完璧な状態でプリントされることはめったにないので、成果物をきれいに整えるためにナイフも必要になります。見苦しいプラスチックの塊や糸状のフィラメントをナイフでうまく削り取ることで、最終的な仕上がりを、より滑らかできれいに見せることができます。刃を交換できるナイフ(X-Actoナイフなど)やカッティングマットも購入することをお勧めします。

3D printer owner's toolkit

ペンチ

ペンチには、print coreのメンテナンスから3Dプリンターの修理まで、さまざまな用途があります。ゴム製の滑りにくいグリップを備えた高品質のペンチを探しましょう。数種類のペンチが必要になる可能性があります。ラジオペンチとニッパー(特にサポート材料やフィラメントを切り取るのに便利)をお勧めします。

ブルーテープ

マスキングテープはよく備蓄されている最も基本的な道具であり、最も広く使われている道具でもあります。3Dプリントするオブジェクトをプリントベッドに接着させる方法として簡単かつ効果的なのが、プリントベッドにマスキングテープを貼り付ける方法です。完成した成果物の取り外しもはるかに簡単になり、プリントベッドを傷から守る効果もあります。

必ず50 mm(2インチ)以上の幅があるマスキングテープを選んでください。テープの幅が広いほど、プリントベッドを覆うのに必要なテープの枚数が少なくなるので、定期的にプリントベッドの表面にテープを貼り直す必要がある場合は、それだけ手間が減ります。

MagnalubeとUnilube

X軸とY軸の動作を滑らかな状態に維持するため、潤滑剤を塗布することが必要になる場合があります。最適な潤滑剤はUnilubeであり、1滴垂らすだけで、潤滑不足で発生するあらゆる問題を解決できます。Z軸の台形送りネジには、Magnalubeを使用します。

WD40は使用しないでください。軸のコーティングに影響し、プリンターを損傷させる恐れがあります。詳細については、こちらをご覧ください。

Essential tools for 3D printer owners

デジタルノギス

デジタルノギスは、さまざまな用途で3Dプリンティングに活用できます。プリントの精度を確認するのに役立つほか、部品の寸法を測ってCADソフトウェアで再現するのにも利用できます。フィラメントは正確な寸法で製造されていないことが多いため、フィラメントの寸法を確認するのにもノギスが役立ちます。いくつかの異なる位置で測定して、その平均値を算出するだけです。必要に応じ、スライスソフトウェアでフィラメントの直径を調整します。

アナログノギスでも構いませんが、精度は低くなります。

ピンセット

ピンセットは、プリント時にいつも手元にあると便利です。プリントが開始される前に、エクストルーダーのノズルからにじみ出るフィラメントを取り除くのに役立ちます(指をやけどする心配がなくなります)。また、後で成果物をクリーニングするのにも便利です。あらゆる事態に対応できるように、さまざまな形やサイズのピンセットを購入しておくことをお勧めします。

サンドペーパー

さまざまな粒度のサンドペーパーを選んで用意しておくとよいでしょう。それらすべてが、3Dプリントの成果物を後処理するときに役立ちます。推奨事項としては、粗目(粒度220)から細目(粒度1,000)まで揃え、3Mなどの有名ブランドのものを購入することをお勧めします。安価で低品質のタイプよりも長持ちしやすいためです。

ドライバー / 六角レンチ

ドライバーや六角レンチは、既に一通り揃えている方がほとんどでしょう。まだ揃えていなければ、3Dプリンターのガントリーのネジやステップモーターを定期的に締め直す必要があるので、いくつか購入しておくとよいでしょう。また、六角ナットと六角ボルトは3Dプリンターの組み立てに広く使用されているので、六角ドライバーと六角レンチのセットを用意しておくことも大切です。

接着シート

接着シートはほとんどの材料に使用でき、ビルドプレートへの接着性を高めます。剥がしやすく、複数回使用できるので、スティック糊の代替品として優秀です。他にも、マスキングテープとは異なり、高温に耐えられるよう特別に開発されているという利点があります。ただし、気泡があるとプリント表面が平らにならないので、シートが正しく貼られているか確認することが重要です。シートの貼り付け方については、こちらをご覧ください。

Must have tools for 3D printer users

乾燥剤と密封できる袋

3Dプリンターのフィラメントは、時間が経つにつれ、徐々に水分を吸収します。それが劣化の原因となり、最終的にはプリント中に問題が発生することになります。吸湿を防止するには、フィラメントを密閉された容器やビニール袋で保管し、乾燥剤を少し加えて、湿気がすべて除去されるようにしてください。シリカゲルが最適です。こちらの保管に関するその他の推奨事項をご覧ください。より自動化されたソリューションとして、Ultimaker S5 Material Stationは、3Dプリンティングに最適な条件で材料を保管および供給できるよう開発されています。

油性マーカー

油性マーカー(Sharpiesなど)は、3Dプリントの成果物にマークを付けるのに役立ちます。特に、同じモデルでスライサーの設定が異なる複数のプリントを行うときに便利です。完成したオブジェクトにプリントごとの順序と設定をメモするだけで、後でそれらを区別できるようになります。一流の建築家も実践していることです。たとえばKilla Design社のチームは、モデルを利用して設計の改善可能な部分をメモしています。

アドバンス3Dプリンティングキット

Ultimaker 2+の高度な3Dプリンティングキットには、0.4 mmノズル2個、TFMカプラ2個、接着シート25枚、ドア1枚が含まれています。これらは3Dプリンターをより長い時間スムーズに動作させるためのものです。ノズルとTFMカプラは便利な交換品であり、接着シートはモデルを正しい位置に保つのに最適で、ドアはプリンター内部の暖かさを維持することにより、特定の材料の反りや剥離を防ぐのに役立ちます。詳細はこちらをご覧ください。

Must have tools for 3D printer owners

その他の便利な道具

以下の道具は上記のリストほど必須ではないかもしれませんが、あれば必ず役に立ちます。当然ながら、特定の作業に適した道具もあれば、適さない道具もあるので、役に立つかどうかは3Dプリンターの用途次第です。

  • 懐中電灯。3Dプリンターに照明が内蔵されている場合は必要ありません。照明が内蔵されていない3Dプリンターでは、明るい場所に設置されていてもこれが役に立ちます。密閉された3Dプリンターの内部は暗い場合があるので、詳細なモデルのプリント品質が判断しにくくなります。密閉された3Dプリンターの内部は暗い場合があるので、詳細なモデルのプリント品質が判断しにくくなります。そのような場合に、コンパクトなLEDライトが最適です。

  • ペーパータオル。ペーパータオルは、ビルドプレートをクリーニングして乾燥させるのに役立ちます。何より、安く手に入ります。

  • 鉛筆と紙。プリント中に寸法をメモしたり、スケッチしたりすることが必ず必要になるので、常に紙と鉛筆を用意しておくことをお勧めします。

  • ワイヤーカッター。ワイヤーカッターは、サポートを取り除き、よりきれいで整った仕上がりにするのに便利です。

  • Dremel。Dremelは手持ち式の高速回転工具で、さまざまな付属品があります。それらの付属品は、切断、研磨、彫刻、研削などの各種用途に役立ちます。3Dプリンティングの場合は、サポート材料を除去したり、粗いエッジを研磨したり、金属を含むフィラメントで作られた成果物を磨いたりするのに利用できます。

  • 追加のフィラメント。追加のフィラメントスプールを用意しておくと便利です。スプール1個でしばらくの間は持ちますが、いつまでもプリントし続けることはできません。また、要件に応じて、さまざまな種類を選べるという利点もあります。

  • 追加のガラスプレート。年中無休でプリントし続ける場合、予備のガラスプレートがあれば、ワークフローをかなりスピードアップできます。ビルドプレートが冷えて成果物を取り除けるようになるまで待たなくても、ガラスプレートを交換するだけで新しいプリントを開始できるようになります。

  • 溶解キット(バケツ1杯の水とポンプ)。プリント後に水溶性PVAを取り除く手段が必要なので、バケツ1杯の水があると便利です。さらにポンプがあれば、PVAサポートをより速やかに溶かせます。

適切な道具を使うことで、欠陥のない成果物を作れる可能性が大幅に高まります。大部分の作業は3Dプリンターとコンピューターが担いますが、その後でモデルを磨き上げ、完成させるときに、そうした道具が役立ちます。

Ultimaker getting started with office 3D printing white paper

業務に3Dプリンティングを導入

無料の詳細なホワイトペーパー

このエキスパートガイドを活用し、社内での3Dプリンティングがいかに有用かを伝えましょう。内容は以下のとおりです。

• オフィス内の全員から賛同を得る方法

• 重要かつ実践的なセットアップ関連の考慮事項

• 開発期間の短縮につながる3つのワークフローオプション

• その他の便利なヒントやコツ

その他のブログを読む