タフPLAのドリルジグ

Ultimaker タフPLA

Ultimaker タフ PLAは、ABSと同等の靭性を持つ技術的なPLA(ポリ乳酸)材料です。剥離や反りのおそれがなく、機能プロトタイプやツールを大きなサイズでプリントするのに理想的です。当社のタフPLAは、通常のPLAと同様の安全性と使いやすさを提供します。

Ultimaker タフPLAを選択する理由

概要

当社のタフPLAフィラメントは、使いやすいテクニカルプラスチックとして配合されています。

  • PLAよりも優れた機械加工性により、より多くの後処理技術が可能

  • ABSと比較して同等の強度とより高い剛性

  • 層間剥離や反りがなく、大きな部品を確実にプリント

  • PVAおよびBreakawayサポート材との適合性による、高い幾何学的な自由度

Ultimaker タフPLAでのプリントについて詳しく見る
効率的な製造のためのUltimaker Tough PLAカスタムプレスツール

Ultimaker Tough PLAを使用したプリント例

  • Ultimaker Tough PLAカスタムアセンブリプレスツール

    丈夫なプラスチック部品の作成

    タフPLAの耐衝撃強度は、通常のPLAよりもABSに近くなります。こうして3Dプリントされた部品は、治具、固定具、ツールなどの、より機能的な用途に使用できます。

  • フィンガーグリッパーを製造しているTough PLAロボット

    大規模なプリント向けに最適化

    大型モデルで頑丈なパーツが必要な場合、Tough PLAはプリントが容易で安定性の高い材料です。UltimakerS5のように大きなビルドボリュームでの3Dプリントに最適です。

  • Ultimaker Tough PLA大型ビーム治具

    複雑なジオメトリーを実現

    複雑な曲線、細かいディテール、オーバーハングなどのあるデザインが、Tough PLAを使用することで簡単にプリントできます。特に、Breakawayや水溶性PVAと組み合わせると有効です。