Ultimaker webinar 5 top applications every manufacturer should be 3D printing

あらゆるメーカーが3Dプリンティングするべき上位5つの用途

無料ウェビナー | 視聴時間:35分

製造環境では、適切な用途を選ぶことで、時間と費用を節減することができます。つまり、3Dプリンターのコストは十二分に正当化されます。

とはいえ、これらの用途を視覚化するのは難しくもあります。これらの用途で何を実現できるのでしょうか。これらの用途には、どのような材料を使うべきでしょうか。他の組織は3Dプリンティングテクノロジーを自らのためにどのように活用しているのでしょうか。

Matt Griffinのウェビナーを視聴して、L’Oreal社、Trivium社、ERIKS社、Andritz Kaiser社、そして、Ultimakerなどの国際企業がワークフローを合理化し、製造を実現するために現在実際に使用している5つの用途を探求しましょう。

内容

この無料セッションでは、世界中の組織がどのように3Dプリンティングを使用して次のことを行っているかを詳しく見ることができます。

  • 工学特性に目的を絞って、金属部品を高性能ポリマー部品に置き換えます

  • 入手できなくなった交換用の摩耗部品を再作成し、改良します

  • 機能的側面を備えたビジュアルプロトタイプを作成し、形状検証以外でも使用できるようにします

  • 既製部品の統合など、追加戦略を活用した組立治具を設計します

  • その他

このウェビナーをオンデマンドで視聴するには、以下をクリックしてください。

Watch the webinar

その他のウェビナーを見る